Wordvice AI Blog

ワードバイスAI英文校正ツール(Wordvice AI Proofreader)を使って文法チェックを行う方法

Wordvice AIは国際的な英文校正の専門企業であるワードバイスが開発したオンライン文法チェッカーです。操作が簡単なこのツールは、機械学習の原理を用いた的確な提案により、ユーザーのライティングのクオリティを高めることを目的としています。ここでは、Wordvice AIの機能を最大限に活用してもらえるよう、その使い方を順を追って説明していきます。

ベストな文法チェッカーとは?

文法ミスをより多く感知できる文法チェッカーが最良のツールであるという考え方は技術的には間違っていません。しかし、文法チェッカーを選ぶ際に基準となる点はこれだけではありません。

使う目的が異なれば、ベストな文法チェッカーの種類も違ってきます。実際の文法チェッカーアプリは、提案を表示するのに機械学習の原理に頼っているからです。言い換えれば、ある特定の文体に関する訓練を積んだ文法チェッカーは、そのタイプの文書に適した、より的確な提案ができるはずです。

Wordvice AIは何千もの実際の研究論文やエッセイをベースに訓練されているツールです。そのため、当社の自動校正ツールは、学術言語や表現に関する有益な提案が可能になっています。

Wordvice AIは無料で使える文法チェッカー?

もちろんです。Wordvice AIは無料でお使いいただけます。将来的には新機能も搭載予定ですが、現時点では、どのような文章でもこの自動校正ツールに入力でき、無料でご利用いただけます。

Wordvice AIの主要機能

フィードバックボックスの使用

テキスト入力ボックス(text field)内で検知されたエラーをクリックすると、対応するフィードバックボックスが開き、間違っている理由と訂正方法が表示されます。

ai proofreader demo, red box highlighting feedback box

ワードバイスは言語ルールに関する記事も数多く提供していますので併せてご参照ください。それら教材はどれも基礎レベルの言語に関するルールを分かりやすく説明しているため、今後同じミスを繰り返さないためにも是非目を通しておくと良いでしょう。

論文原稿をファイルとして保存

原稿を保存する前に、タイトルバー内にファイル名を必ず付けてください。後で検索する際に役立ちます。

ai proofreader demo, how to add a title

ファイルフォルダアイコンをクリックすると、ご自分のアカウントに原稿を保存できます。

ai proofreading tool demo, red box highlighting save button

ダウンロードアイコンをクリックすれば、MS Word文書としてダウンロードも可能です。

ai proofreading tool demo, red box highlighting download button

音声による文字入力機能

Wordvice AIは、音声による文字入力機能の付いた数少ない文法チェッカーのひとつです。当機能は、英語の発話を文字に変換します。テキストボックスの右上にあるマイクアイコンをクリックすると、この機能をご利用いただけます。

ai proofreading tool demo, speech to text function description

Wordvice AIを使ってみよう

文法チェックサイトに馴染みがある人ばかりではありません。サイトを初めて利用する際は、Wordvice AIのような使い勝手の良いインターフェースであっても使い方に迷う方がいらっしゃると思います。当社の文法チェッカーの使い方を以下に順を追って説明します。

1. テキストボックスの中に文をタイプ入力またはコピペする。

文が非常に長い場合、セクションごとにコピペすることもできます。

2. 「Proofread Now」をクリックする。

テキストボックスに文を入れて「Proofread Now」をクリックすると、校正ツールが自動的にエラーを検出して該当箇所に下線が引かれます。

ai proofreading tool demo, red box highlighting proofread now button
3. フィードバックボックスを読んで検出されたエラーを見直す。

下線が引かれた各エラーに対応するフィードバックボックスが表示されます。ボックス内には検出されたエラーに関する簡単な解説が提示されます。

ai proofreading tool, suggestion box
4. 検出された各問題点に関する提案を「承諾」または「拒否」する。

フィードバックボックスに提示された提案を適用する場合は「承諾(Accept)」、却下する場合には「拒否(Ignore)」を選択します。

ai proofreading tool, accept or reject explanation box
5. 校正済ファイルを保存。

最初にファイルに見出しが付いていることを確認します。見出しを付けると後で探しやすくなります。

ai proofreading tool, how to save the proofread file

次に、ファイルフォルダアイコンをクリックして、校正済ファイルを自分のアカウントに保存します。

ai proofreading tool, how to save document

ダウンロードアイコンをクリックすると、校正済ファイルをMS Word文書としてダウンロードすることも可能です。

ai proofreading tool, how to download document
6. 論文校正の専門家による総合的な見直し

オンライン文法チェッカーは、原稿下書き段階における有益な追加機能ではありますが、それだけではまだ完璧とは言えませんし、自動のツールがプロ校正者の代わりを務めることは不可能です。校正サービスを選ぶ際には、あなたの分野の論文に詳しく、経験豊富で有能な校正者を求めているはずです。

ワードバイスには、500名以上の、博士号または修士号等を持った英語ネイティブ校正者が在籍しています。弊社の校正者はいずれも、平均5年以上の経験があり、扱っている学術分野は細かく分けるとほぼ200分野にも及びます。ワードバイスの学術論文校正に関する各種サービスをご利用いただければ、大切な研究論文の質の向上につながるはずです。