AI英文剽窃(コピペ)チェッカー(Plagiarism Checker)

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーは世界中の数百万ページのテキストをすばやくスキャンし、潜在的な盗作・剽窃を防ぎます。クリック1度で盗用の可能性を確認できます。

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーを使用する理由とは?

あらゆる種類の文書に対応するオンライン剽窃チェッカー

あらゆる文書に適応した総合的な剽窃チェック機能

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーは次のような作業ができます。

  • 100以上の言語出版物の剽窃チェック
  • 様々な形でパラフレーズされた文章の剽窃チェック
  • ソースコードの剽窃チェック
豊富で詳細な剽窃チェック結果を備えたオンライン剽窃チェッカー

膨大で詳細な検索結果

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーは、数百万ページに及ぶオリジナルコンテンツから重複したり、他の表現に変更された(パラフレーズ)内容を正確に見つけます。 スキャンするコンテンツは次のとおりです。

  • オープンアクセスジャーナル
  • 内部データベース文書
  • ウェブサイト
  • コード·データ·レパートリー

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーの使用方法

剽窃チェッカーにテキストを貼り付けるか、ファイルをアップロードする

文書内容をコピーして剽窃チェッカーのテキストウィンドウに貼り付けるか、文書ファイルをアップロードしてから「剽窃チェック」ボタンをクリックしてください。

剽窃チェックレポート
ワンクリックで剽窃チェック

クリック1つで剽窃チェックが可能

剽窃チェックが始まると、入力したテキストをスキャンし、剽窃チェッカーがインターネット上で一致する項目や、類似した内容があるか確認します。

速くて正確に剽窃チェック結果を確認可能

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーはわずか数分の間に数百万個のデータベースとオンラインサイトをスキャンし、詳しい結果を表示します。 盗用されたテキストの原本ソースから盗用として検出された部分と修正が必要な部分を確認できます。

オンライン剽窃チェッカーですばやく正確な結果が得られます

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーを使うべき人は誰ですか?

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーは、作成した文が盗作および著作権問題のないことを確認したい全ての人が利用できます。

学生向けオンライン剽窃チェッカー

学生

課題提出前にWordvice AIの英文剽窃チェッカーで盗用有無を確認すれば、学術倫理を遵守できます。 剽窃チェッカーを活用することでエッセイ課題の準備の負担を減らせます。

教員向けオンライン剽窃チェッカー

教師・教授

昨今、論文剽窃が学界での大きなイシューです。 学術倫理のため学校での剽窃チェックは論文の出版または卒業論文の審査で必須となりました。 Wordvice AIの英文剽窃チェッカーを活用して剽窃チェックの負担を減らし、教育に集中できます。

研究員向けオンライン剽窃チェッカー

研究員

論文作成の重要性をよく知っている研究者であっても、意図せずに他の研究や文献を盗作してしまうことがあります。 Wordvice AIの英文剽窃チェッカーを活用して研究倫理を守り、論文の研究成果に対する信頼を得ましょう。

Wordvice AIの英文剽窃チェッカーが識別する剽窃タイプ

剽窃は他の文を自身が作成したように使用することで、次のような行為は剽窃とみなされます。Wordvice AIの英文剽窃チェッカーは全てのタイプの剽窃や盗用を識別します。

オンライン剽窃チェッカー:モザイク剽窃(Mosaic Plagiarism)

モザイク剽窃

モザイク盗作は著者が他の出典から持ってきた構文を引用符号なしで使用したり、同義語を適用して原本の構造と意味を維持することです。 これは最も一般的な盗作の形態で、剽窃チェックの際に全体文章や文章の一部が盗用されたと現れる主な原因の一つです。

オンライン剽窃チェッカー:偶発的剽窃(Accidental Plagiarism)

過失による盗用・剽窃

どんなタイプの盗作でも偶然発生することがありますが、著者が原本資料を変更したり再作成または引用するのを忘れて盗用が生じる場合もよくあります。
特に、過失による盗用は大学院の研究や学術研究で多く発生します。 Wordvice AIの英文剽窃チェッカーを使用して、うっかりテキストに盗用された部分がないか確認してみましょう。

オンライン剽窃チェッカー:自己盗用(Self-Plagiarism)

自己盗用・剽窃

自己盗用(自己剽窃)とは、以前に出版した自身の仕事を再利用することを意味します。 これには、データ、論文の一部、グラフなどが含まれます。 多くの研究者が自分の作業なら引用表記なしでも使えると考えていますが、自分の作業が原本ではないにもかかわらず原本であるかのように読者を認識させれば盗作と見なされます。 論文提出前に自己盗用の有無を必ず確認してください。